popcornpad

白くつしたのピース。基本的に何も起こらない。

倉敷の夜 


20181102-IMG_2773.jpg

布団の中から窓を眺める。
明日に備えてゆっくり寝るとしましょう。
ピースも一緒におやすみなさい。


kurashiki snaps 3 


20181102-IMG_2720-3.jpg 
宿の話をする前に、美観地区で印象的だった場面をもう一つ。
編み物にいそしむご婦人の、柔らかな笑みと、静かに見守る外国人観光客の対比。
どことなく惹かれるものを感じてシャッターを切りました。撮れてよかった。


kurashiki snaps 2 


20181102-IMG_2760.jpg

晩ご飯食べてお腹いっぱい、お酒も少しだけ飲んで、幸せな気持ちでそぞろ歩く夜の倉敷。
町もそろそろ店じまいの様子。



20181102-IMG_2765.jpg

僕たちも宿に向かうとしましょう。


つね家 


20181102-IMG_2581.jpg

美観地区でペットと一緒に晩ご飯を食べられるお店の情報は、ネットではあまり多く見つけることができませんでした。(カフェは何軒か見つかる)
事前のリサーチでは、テラスのみ同伴OKのお店を1件見つけられただけでした。
しかしそれは、美観地区がペット同伴の旅行者に冷たいということではなくて、僕らの場合は、犬連れの僕らを見かけた人力車の車夫さんが「あそことあそこのお店は、ネットには乗せていないけれど、実はペット同伴で食事ができるんですよ」なんていう情報を教えてくれて、そのお陰で素敵な家を見つけることが出来たのでした。
歴史の長い観光地ならではのサポート体制と言うか、町全体で旅行者をもてなしてくれている感じが、とても有り難かったです。


-- 続きを読む --

kurashiki snaps 1 


20181102-IMG_2666.jpg

美観地区を縦横に走る人力車。わんこも一緒に乗れるとのことです。
車夫さんは車を引くだけではなく、通りに立ち、観光ガイド的な役割も担っています。ネットには上がっていない情報を教えてくれることも。
晩ごはんはどこで食べようかと思案していた僕たちに、ペットを同伴できるお店を教えてくれたのもこの方たちでした。ありがたかったです。